So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

【$】 芬蘭土・地方金融公社第一弾初回強制報酬 [【$】:塩漬けマネー大福]

冒頭、暴挙ながらの愛も変わらずの勝手な戯言・戯言(たわごと・ざれごと)邪推解説

かくして、キタがミサイルを乱発する2017年9月9日(土)建国記念日(1948年に北朝鮮が建国された日) の直前において、日経平均株価は暴落フィーバーだったのだが、その後のミサイル暴挙に対してはなぜか、ホリエモンよろしく平和ボケで慣れ過ぎたのか、Jアラートの高鳴りと共に株価は上昇した

盛り蕎麦・掛けそばの選択と忖度をマチガエタ悪部君が、丁寧な説明をするまでもなく丁寧に追い詰められての解散騒動によって、またまた株価は上昇

勢いあまって民進党まで棚からボロが餅っと粘って分裂。これまた日常茶万事という事で、株が2万円まで戻してきた

下段の日経平均レバレッジの時系列にあるように、10月4日(水)も、終値ではないが、高値で年初来高値フィーバー好評ゾクゾク(続々)確変中 【17,230】

弾切れで鎮静化しつつも、制裁などそっちのけで独自にエネルギーを開発中のキタ、そんな不穏な動向を隠し切れない亡国

弾切れまで待つことなく自殺したラスベガスの銃撃事件

正に、V字回複まで盛らなくても、玉の輿状態で株価は2万円台をなんとかキープのここ最近において、芬蘭土の第一弾の一発目の報酬がキタ

言うには及ばず、聡明な野次馬貴官においては、長ったらしいカタカナ6文字を多用したくないために、3文字の感じにまとめた国の名前など容易く覚えておいでであろう

あろうことか、ようやく思い出すのであれば、過去記事を熟読・括目されたし



左から2番目の上段:「利率」 は 11.00%

今回は、毎度の初回のビギナーラックの特典で まるっと GET

その 214,258 円 は 速攻で生活費の藻屑となったのは言うまでもない

この初回は、必ずその上記の利率で頂けるありがたい仕様ではあるが、2回目以降の心配がつきまとう宿命でもある

別の角度で見ると、この初回の1回目で終わった不甲斐ない実績も経験しているワタシではあるが、今回の1発目は早期償還することなくクリアできた

スクリーンショットで説明するなら、左から4番目の下段:「当初価格」 は 15,980.00

今回2つ保有する両フィンランド地方金融公社のEB債の早期償還判定水準は、両社とも

当初価格×110%(小数第3位を四捨五入)

15,980.00 × 110% = 17,578.00


この値が、左から5番目の上段:「早期判定水準」 の値となる



今回初回の判定日が9月21日(木)だったため、その終値の値・・・調整後終値* は

16,490


であり、早期判定水準:17,578.00 > 9/21 終値:16,490.00

と相成り、理不尽な1発目の早期償還を免れた。1発目早期償還の場合、また次の新商品を探すハメになるが、これまたSBIの出すタイミングにもよる。これによって、3発目まで打ち立てて、3ヶ月に1回ごとの毎月報酬を目論む事が場合によっては難しくなる

さらに、強制報酬日の一週間後の9/28の調整後終値*は 16,710  と日経平均株価と同様に、日経平均レバレッジもさらに年初来高値を突き抜けるべく上昇確変フィーバーである

【おかげさまの、このようなアゲアゲ年初来高値フィーバーモードのため、当初価格が一発目よりも抑えられて 15,480.00 だった2発目のフィンランド地方金融公社の債権は、既に早期償還判定水準 17,028.00 を超える 本日のレバレッジ現在値 :17,150.00 を達成している。このまま11月の一発目の判定日を迎えると、早期償還 110% を 超えるので一発昇天となる ≪当初価格×110%(小数第3位を四捨五入) : 15,480.00 × 110% = 17,028≫ 】

さてさて、強制報酬は、ノックインを喰らった前のEB債の利率よりも若干おちるため、持続可能でも少々目劣りするが

【ノックイン債は最高で、¥229,095 もらえていたため、今回の¥214,258 では、¥14857 のロスが続くことになる・・・ちなみに、1発目の利率:11.00%(税引前)に対して、2発目の方が利率:10.50%(税引前)とさらに悪い・・・ 】

・・・衆議院解散選挙後に迎える事になるこの2発目の地方金融公社EB債、早期償還になるのか、はたまた無事にクリアできるのかは、神のみぞ知る

 
バイク エステ ムームードメイン

グアム オプショナルツアー

nice!(3)  コメント(3) 
前の1件 | -


社長が利益「だけ」集中した結果
最初にとった行動はコレ
集客で成功する社長とムダな努力
をする社長の違い…
定価2,980円の書籍を【無料】プレゼント
インターネット・マーケティング最強の戦略